那覇市のお墓・墓地の一覧情報

1 件中 1~1件表示

  • 1
  • 1

那覇市の霊園事情

那覇市でのお墓探しのヒント

那覇市の霊園情報イメージ

那覇市は沖縄県の県庁所在地で、国際空港である那覇空港や離島と本島を結ぶ那覇港があることから、沖縄県の玄関口ともされる都市です。現在の街の人口は、2019年8月現在で約32万人が暮らしています。

那覇市の平均気温は23℃ほどで、冬場でも10℃を下回ることはほとんどありません。夏場は日差しが強く、気温の上昇もありますが、本州ほどの猛暑日にはあまりならないことが特徴です。

琉球王国の時代から東南アジアの流通の拠点として発展してきた歴史があり、本州とは雰囲気の異なる街並みが広がっています。その象徴ともいえるのが首里城で、本州にあるお城では目にすることのないような、目の覚めるような朱色の城郭を一目みようと多くの観光客が訪れています。

この記事では、そんな那覇市のお墓事情について紹介していきたいと思います。

全国の相場と比べると非常に高額な相場

那覇市でお墓を建てようとした場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。ここでは、那覇市のある沖縄県の一般墓の相場をみていきましょう。

那覇市のある沖縄県の一般墓の価格相場は約256万円とされています。全国の一般墓の中央値が約40万円となっているため、かなり高額であることが分かります。

では、一般墓を建てるための土地の相場はどれくらいなのでしょうか。確認してみると、一般墓用の土地の相場も約256万円と、やはり全国の中央値の約34万円に比べて非常に高い相場となっています。

沖縄県でお墓を建てる場合、一般墓代と土地代の合わせて約512万円ほどが必要になることが分かります。

沖縄県の相場に照らし合わせてみると、那覇市でお墓を建てる際の費用感が想像しやすいのではないでしょうか。しかし、この相場は沖縄県のものなので、那覇市内でもお墓のタイプを別の形にするなど、選択肢によってもう少し費用を抑えられる可能性もありますので、早くから情報を集めておくと良いかもしれません。

増加する死者数に対して減少している墓地数

那覇市の死者数と墓地数の推移グラフ 厚生労働省『人口動態調査』『衛生行政報告例』より「いいお墓」作成

ここでは、那覇市の死者数と墓地数についてみていきましょう。

まずはじめに、那覇市の死者数ですが、那覇市の人口統計をみてみると、2000年の年間死亡者数は1,851人、2005年には2,069人と2,000人台を超え、その後は年々死亡者数は増加の一途をたどり、2017年には2,712人となり、近いうちに3,000人を超えるかもしれません。全国的に高齢社会となっている中で、那覇市も例外なく老年人口が増加しています。そのため、これからも死者数は右肩上がりで増加していくと予想されます。

次に、那覇市内にある墓地数についてみていきましょう。那覇市内にある墓地は2010年には497ヵ所でしたが、2017年には454ヵ所と、43ヵ所も減少しています。死者数が増加し続けているのに対し、減少傾向がみられるのが気になるところです。

今後、那覇市の死者数が増え続けることによって墓地数が不足してしまう、という事態も十分考えられます。希望の霊園があるのにお墓を建てられないという事態をさけるためにも、早いうちからお墓について調べたり準備をしておくと良いかもしれません。

那覇市のお墓はアクセスが要確認

那覇市の主な墓地マップ

那覇市の地図を確認してみると、那覇市は東西に横長く、西側は東シナ海に面し、丘陵地帯があるものの、市内のほとんどの地域が平地になっています。市街地は平地に広がっており、市内の墓地も市街地に建設されているのが分かります。主な移動手段には、自動車、バス、モノレールなどが挙げられます。

自動車を使う場合、市内にはいくつかの国道が張り巡らされており、広く市内を回ることができます。沖縄県はモノレール以外の鉄道が運行していないこともあって、バスの交通網が発達しています。しかし、バスを利用すると渋滞などによって時間が読めないことや目的地までの時間がかかることなどデメリットもあるので、事前に調べておくと良いかもしれません。モノレールの場合、バスと違って時間がかかる、時間が読めないといった事態はありませんが、路線が1路線しかないため、市内の要所以外にはアクセスしずらいという難点があります。墓地の場所や、利用できる移動手段をあらかじめ調べてから、適切な方法で向かうと良いでしょう。

ゴールデンウイークやお盆などの長期休暇を利用して遠方から那覇市を訪れたなら、お墓参りだけなくグルメを味わったり観光地へ足を運びたいと思う方もいるでしょう。那覇市には冒頭で触れた首里城といった有名な観光地や、本州では味わえないようなグルメも多いので、時間のある方は那覇市内を散策してみるとお墓参りの楽しみが増えるかもしれません。

琉球歴代の王が眠る場所

沖縄県は元々琉球王国であったという歴史から、お墓の形も本州とは異なった形をしています。沖縄県のお墓の形状にはいくつか種類があり、石垣に囲まれ、亀の甲羅のような屋根のある亀甲墓、凝灰岩をくり抜いて作る掘り込み墓などがあります。中でも、破風墓と呼ばれる形式のお墓は、1870年代に入るまでは琉球王国の王族のみにしか許されていない形状のお墓でした。

那覇市内には、琉球歴代国王が眠る破風墓があります。玉陵(たまうどぅん)と呼ばれ、世界遺産にもなっているこの王墓は沖縄県でも最大の破風墓です。特徴的な連続した3つの室では、東室では洗骨された王と王妃の遺骨を、中室では洗骨までの遺体を、西室にはその他の王族の遺骨を安置していました。1501年の創建以来、1931年に最後の被葬者を迎えるまでの400年あまりの長きにわたり、王族の眠る場所として人々に大切にされてきました。

第二次世界大戦の沖縄戦では、首里城とともに旧日本軍の総司令部が近くにあったことから甚大な被害を受けましたが、1974年から3年の歳月をかけて復元され、往時の姿を取り戻しています。現在では玉陵のすべてではありませんが、一部施設が公開されており、資料の展示やガイドブックなども発行されています。

那覇市観光のハイライトといえば首里城が挙げられるかもしれませんが、玉陵はその首里城のすぐ隣に並んでいます。興味のある方は首里城だけでなく、歴代の王たちの眠る玉陵にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

那覇市の霊園・墓地に関するよくある質問

那覇市でおすすめのお墓はどこですか?

おすすめのお墓は那覇市営 識名霊園です。 詳細はこちらをご確認ください。

那覇市の周辺には霊園がいくつありますか?

那覇市の周辺にある霊園は1件です。 詳細はこちらをご確認ください。

那覇市にある霊園に関してご相談はできますか?

電話でのご相談が可能です。0120-969-148にお電話ください。

サイト利用の注意事項

※担当者が現地に常時待機しているわけではございません。【霊園に直接行かれたい場合】は「お客様センター( 0120-969-148)」まであらかじめご連絡ください。 ※資料請求・見学予約・ご相談はすべて「無料」です。
※一度の資料請求が15件を超える場合は、絞り込みさせていただくことがございます。
※ご希望の霊園・墓地所在地が、お住まいより遠方にある場合には、確認のご連絡をさせていただくことがございます。
※資料は霊園または提携石材店よりお届けいたします。複数の霊園・墓地にて資料請求された場合、数社からご連絡がいくことがございます。
※運営主体・寺院の事情等により、インターネット上に掲載できない霊園・墓地もございます。掲載されている霊園・墓地以外の情報をお知りになりたい方は、インターネット相談・問い合わせ またはお電話にてお問い合わせください。
※空き区画の状況は常時変動がございます。また、価格改訂等により、掲載情報が実際とは異なる場合もございます。
※掲載されている情報に関して、事実と異なる情報、誤解を招く表記などがございましたら、霊園墓地のサイト掲載情報までご連絡願います。